2018年09月20日

”夏の慰労会””ユネスコカレッジ”のお知らせ!

おはようございます!大変!長い間ご無沙汰しておりました。仙台ユネスコ協会の活動も今年に入ってから色々な行事を行いました。

 会員の皆様には会報を通じてお知らせをいたしております。

この頃は、個人情報保護法などの規制もありまして中々写真等も勝手に掲載することが出来なくなってきております。

 そのような理由もありましてブログの記事を書くのも躊躇してしまいます。ご理解いたでけると幸いです。

 ところで、先月の8月23日には仙台ユネスコ協会の”夏の慰労会”がございました。

仙台駅前のパルコ一階の某料理店にて開催されました。

会場の様子は少しだけお見せいたしますね。

先ずは、仙台ユネスコ協会、中村会長のご挨拶からです。
(あとは写真を並べるだけにいたします)
DSC_6017.JPG
DSC_6029.JPGDSC_6031.JPGDSC_6033.JPGDSC_6049.JPGDSC_6050.JPGDSC_6053.JPGDSC_6058.JPGDSC_6060.JPG

この様な雰囲気で楽しく盛り上がりました

 そこで、本日の9月20日(木)午前10時30分より、仙台ユネスコ協会の『第3回役員会』が開催されます。

役員会の後は「ESD」プロジェクトチームの集いなども行います。

また、来月の10月17日・18日と『みやぎ県民大学・ユネスコカレッジ』”地域遺産と貞山運河(新堀)を学ぶ”というテーマで2日間に渡って開催されます。

 費用は2日間の場合あ1,500円、初日のみ参加の場合は300円です。

 募集人数は初日100名、二日目50名です。

詳細は:仙台ユネスコ協会にお問合せくださいね。

では皆様、今日も良い一日をお過しくださいね。

posted by ゆねすこ坊や at 07:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

12月は研修会と懇親会を行いました。

皆様、すっかりご無沙汰しておりまして気がついたら12月20日になってしまいました。本当に月日が過ぎるのは早いものですね。

 今月は12月8日(金)に、公益財団法人 仙台ユネスコ協会に新入会した方々に対して「ユネスコ」について、特に「仙台ユネスコ協会」の歴史について、世界初の民間ユネスコ団体としての発足についての研修会を行いました。

 1、「仙台ユネスコ協力會」の誕生・・・1947年(昭和22年)7月19日に発会式を行いました。
   世界最初の民間ユネスコ団体:会長・・佐武安太郎、事務局長・・上田康一
   UNESCO(1945.11.)ユネスコ憲章採択 (1946.11.)ユネスコ憲章発効
   憲章前文「戦争は人の心の中に生まれるものである   から、人は心の中に平和の砦を築かなければならない」(宗教・民族・国家を超え   て。

   日本のUNESCO加盟承認・・・1951年(昭和26年)7月2日
   日本の国連加盟決定・・・1956年(昭和31年)12月18日
 2、仙台ユネスコ協会の歴史
  ・1948.11.21 第2回ユネスコ運動全国大会⇒仙台で開催
  ・1951.10.15 仙台ユネスコ協力會⇒仙台ユネスコ協会に改称
  ・1957.5.20 法人組織にし、社団法人仙台ユネスコ協会に改称
  ・1957.6.16 仙台ユネスコ会館落成
 
 3、組織と活動
 4、民間ユネスコ運動70周年 ビジョン・ミッション・重点目標
等々について研修会を行いました。
とっても内容のある研修会でした。
DSC_4892.JPG
司会進行は松坂委員長(理事)です。
DSC_4893.JPGDSC_4894.JPGDSC_4895.JPGDSC_4896.JPG
中村会長の挨拶はいつも内容が深いです。
DSC_4898.JPGDSC_4899.JPGDSC_4900.JPG
その後は、懇親会を開催しました。

また来年もよろしくお願い申し上げます
posted by ゆねすこ坊や at 14:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

仙台ユネスコ協会の受講生募集のお知らせです(´▽`)

皆様こんにちはご無沙汰しております。

 今回は、仙台ユネスコ協会のイベントのお知らせです。

 仙台ユネスコ協会 創立70周年 特別記念講座

 2017年度 ユネスコカレッジ講座 受講生募集

 〜地域遺産の貞山運河を学ぶ〜 −貞山運河と阿武隈川の舟運ー

 日本ユネスコ協会連盟は国内の地域遺産・文化遺産の保存継承を念頭に「未来遺産運動」を展開しております。2017年度の講座では、昨年度「日本遺産」に認定された「政宗が育んだ”伊達”な文化を記念事業として、新シリーズ〜地域遺産の貞山運河を学ぶ〜の継続事業をスタートします。

 初日は貞山運河の全容と政宗公から土木技術を信頼された「川村孫兵衛重吉」についての講演。
 2日目は岩沼市の木更堀に沿っての復興のシンボル「千年希望の丘」を見学し丸森町へ、阿武隈川の歴史ある舟下りで昼食(いも煮舟)を頂き、このあたりの大地主で幾代にわたる資産家「齋理屋敷」の宝ものを拝見しながら、阿武隈川の船運の歴史をお聞きします。

 尚、今般は貞山運河研究所、岩沼市、丸森町の皆さんの協力で企画をいたしました。

             講座内容

 1日:10月25日(水)13:30〜16:30 会場:仙台市戦災復興記念館
 学習内容:〜地域遺産の貞山運河を学ぶ〜
 講演:貞山運河の歴史 宮城大学客員教授 佐藤彰男氏
 講演:政宗公が招聘した川村孫兵衛 岩沼市市史編纂室 阿部俊雄氏

 2日:10月26日(木)9:00〜17:00 バスで巡回 (集合:仙台駅東口)
 海岸沿(貞山堀・木更堀)ルート、昼食:阿武隈川の舟下り、丸森町:齋理屋敷
 岩沼市の木更堀(千年希望の丘)の見学、ガイド:岩沼市市議 佐藤一郎氏
 丸森町周辺:阿武隈川の舟下り
 齋理屋敷:郷土歴史観の見学
 講演:仙台藩治世の阿武隈川 丸森町元教育長 斉藤良治氏
※講座日の期日・会場は講師の都合で変更の場合があります。

     【募集要項】
 募集人員:50名(先着順にて締め切りさせて頂きます)
 会費:5,000円(会費は当日集金、二日間の研修と昼食代が含まれます)
 申し込み方法:往復はがき(又はFAX)に「住所・氏名・性別・年齢・電話番号」を明記して申し込み下さ  い。(この情報は、申し込まれた方との連絡、保険加入等への実施報告以外には使用しません。)
 申し込み先:🏣980-0012 仙台市青葉区錦町一丁目3−9(仙台市役所錦町庁舎3F)
 公益社団法人 仙台ユネスコ協会 TEL 022−224-2581 FAX 022-302-3406
 申込締め切り 2017年(平成29年)10月10日(火)
 主催:公益社団法人 仙台ユネスコ協会
 協力機関:貞山運河研究所、岩沼市、丸森町

※締め切り直前の告知で申し訳ございません。<どうぞよろしくお願いいたします。

posted by ゆねすこ坊や at 11:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする